hatarakuotonatachi

プロフィール:

兼城貴信(27) 全保連株式会社 営業部営業課 2016年4月入社 沖縄県沖縄市出身。1992年2月22日生まれ。沖縄大学 法経学部 法経学科卒。警察官の父をもち、強い父の背中に憧れて育った。沖縄大学に進学し、法律を学ぶ。入社のきっかけは就活中、合同説明会で出会った全保連の人事の方に声掛けしてもらったこと。現在は、お客様に信頼される営業として活躍されている。

正義感の強い、父の背中に憧れて。

 家ではまったく仕事の話をしない人、それが私の子ども時代の父の印象です。そんな父が時折見せる強さに憧れ、幼少期は警察官という仕事を目指していました。特に印象に残っている出来事があります。家族で外出したとき、路上で喧嘩をする男性相手に仲裁に入った父がさらりと一本背負いを決めたんです。普段は寡黙な父の正義感という仕事魂を目の当たりにし、私も警察官になろうと決めました。

 大学では刑事訴訟を専門に法律を学びました。就活を意識し始めた頃、改めて警察官が本当に適職なのかを考え始めたんです。そこで、現職の警察官や退官された方々に、仕事の具体的な内容や、実際に警察官として職務に就いてみてどうかなどを聞きました。

すると、私が思い描いていた理想と現実に少しギャップがあるなと感じたんです。「私には合っていない」と感じ、警察官になることを断念しました。

 警察官を諦めた私は、他に就きたい職業が特に見つかりませんでした。何となくあったのは、安定した生活ができる会社に入れたらいいなということくらいでした。あまり就職活動の軸も定まらない中、例年より遅い情報解禁の年だったこともあり、焦りを感じながらの就職活動になりました。

全保連と出会ったのは、合同説明会でたまたま人事の方が声をかけてくださり、そこで“家賃債務保証”というサービスを初めて知りました。入居者様がどうしても家賃が払えない、そんなときでも、家賃債務保証のおかげで安心して住み続けられる。賃貸のオーナー様にとっては毎月の家賃回収に悩むことがなくなる。見えないけれど暮らしの基盤を支えるサービスに魅力を感じ、入社を決意しました。


Back number