hatarakuotonatachi

お客様の声に真摯に耳を傾ける。

 今でこそ、営業としての仕事ができているのですが、入社してからしばらくは、とても苦労しました。実は、家賃債務保証という業界は競合他社が多いんです。だから、当社のサービスを利用して頂けるかどうかは、私たち営業の信頼力にかかっています。そのために大事なのが、お客様の声に耳を傾けること、そして丁寧なコミュニケーションです。

 私は、もともとしゃべることが好きでしたが、家賃債務補償は、「目に見えない商品」ということもあって、営業先でも、それを必死に説明するために、一方的にしゃべってしまうことがありました。そうすると、後日伺った時に「そんなこと言ってました?」とか「よくわからないです」と言われることが多々あって。そんなときに私の教育係をしてくださっていた先輩から、こういう言葉をいただいたんです。

「自分が説明したと思っていても、伝わっていなければ言ってないのと同じだよ」

 それから、営業のスタイルが大きく変わりました。一方的に話す営業から、先方が何を求めているかを重視する営業に。言葉を尽くすよりも、お客様が求めている情報を的確にお伝えすることが大切なんだと理解できました。

やり方を変えるとお客様の反応も変わって「営業の人はずっとしゃべる人が多いけど、兼城さんはそんなことないね」という言葉を頂けたこともあり嬉しかったです。

 その先輩との出会いは、私にとって非常に大きな出来事でした。先輩からは、相手のためになる営業のイロハをたくさん教えていただきました。例えば、営業の根本には真摯さが必要ということ。できないことはできないとはっきり言うとか、1つの質問にいくつもの答えを用意しておくとか。

お客様にサービスを説明するときにも、自社の商品の良い面と悪い面をそれぞれお伝えし、その上で、自社の商品に価値を感じていただけるよう、日々小さな努力を積み重ねています。実際に営業を始めたときには難しかったのですが、真摯な姿勢というものを意識し続けることで、それがお客様の信頼を得ることにつながっていると実感しています。

 私は先輩と出会うまで、人の顔色を伺ったり自分の得を優先して物事を考えてしまうことが多かったんです。しかし、そうした教えのもとで営業を積み重ねてきたからこそ、お客様や自社のためになるかという視点で物事を考えられるようになりました。

今では会社のためにならないと思えば上司にも相談し、話し合いの機会をいただくようになりました。本当に相手のためになるようにという営業を積み重ねてきたからこそ、自分の仕事に自信と誇りが持てるんだと思います。

 今後は、もっと人に頼ってもらえる人になりたいです。そのために今は、営業を通してお客様に信頼を寄せてもらうこと、社内のみなさんに「兼城さんに任せれば大丈夫だ」と思っていただけることを目標に日々努力しています。

自己成長を実感できた。

 若い人の中には働くことをネガティブに捉える人もいるかもしれないですが、正直社会人は楽しいです。自分の趣味に時間もお金もたくさん使えるようになりますし、仕事をすることで自分自身の視野も広がります。視野というのは自分が生きる世界の範囲を決めるものだと思っていて、当社では全国のいろんなお客様と仕事ができるので、働きながら視野が広がった感覚がすごくあるんです。

私の知らない世界に飛び込む経験をして、話せることの引き出しを増やしていくことで関われる人が増える。そういう意味では、ずっと沖縄で育ってきた私にとって、全保連に入社して東京勤務という機会をもらえたことは、成長へのとても大きなきっかけだったことは間違いないですね。まだ県外に出たことがないという皆さんにも、ぜひ一度県外に出てチャレンジすることは、強くおすすめしたいです。

 また当社の仕事を通じて、間違いなく人との信頼関係を築いていくコミュニケーション力が身についたなと思います。先ほどもお伝えした通り、私たちの扱う商品は「目に見えない商品」です。相手がどうこちらの言葉を受け止めるのか、どうお伝えすれば理解していただけるのか、そういったことを考えながらコミュニケーションをとっていくんです。

そういうことを考えながら、何度も足を運び、信頼関係を築いていくことができるようになることで、何よりも自分自身が「人として」成長できたと思えます。

背中で語ることができる父になりたい。

 私の子どもには、仕事をしてるお父さんがカッコいいと思ってもらいたいです。親バカですけど、子どもってめちゃくちゃ可愛いんですよ(笑)。そんな我が子が大きくなったとき、「お父さんはなんでこんなに仕事に没頭できるんだろう?」と疑問をもたせられる背中を見せていきたいと思ってます。私の父親が、警察官としての誇りを持っていることに私自身も憧れたように。それが理想の将来像ですね。

 そのためには、自分自身が仕事に誇りを持っていることが何よりも大事だと思います。もちろん、私も自身の仕事には誇りを持っています。正しいコミュニケーションを積み上げ、お取引の中でお客様との信頼関係を築いていく。

そして、その信頼関係の輪がどんどん広がっていくんです。仕事だろうとプライベートの時間だろうと、より多くの人たちとの信頼関係を築き、頼ってもらえるような理想の大人を目指していきたいですね。

 就活をしていると、将来について不安になる時がたくさんあると思います。私自身、第一志望に落ちたときは、これからどうすればいいんだろうと目の前が真っ暗になるような気持ちになりました。とはいえ、不安を抱えたままだと選考の場で自分を上手く出すことができません。だから、なるべく自分の好きなことをして、不安を消していくのがうまく就活をするコツです。

私はボウリングが好きで、自信がつくまでピンを倒し続けてました。ボウリングは、大学から初めてかれこれ7年くらい続けていて、パーフェクトもこれまで2回達成するくらい打ち込んでいます(笑)。

今でも仕事で不安なことがあるとボウリングをしますし、リーグ戦に出場してできた仲間とのつながりが私の視野を広げてくれています。不安なときに心配だけをしているのはもったいないので、私が抱えている不安はいろんな人に相談して、抱え込まないようにしていくことも就活を乗り切るカギですね。

 後、大学生の皆さんに大事にして欲しいことは、とにかく色んな業種・職種の人と話をして欲しいなということです。私の場合社会に出てから、世の中には本当にいろんな仕事があるんだなとようやく知りました。

学生の時はなかなかそういうことって見えづらいとは思うんですが、会社説明会だったりOBOG訪問だったり、機会はたくさんあるはずです。情報はいくら持っていても損はありません。是非いろんな社会人とのコミュニケーションを、学生のうちにとってみてください。応援してますよ!

2020年度 採用情報 https://www.zenhoren.jp/recruit/

ライター 松田 和幸さん:

兼城さん、ありがとうございました!取材させていただいたとき、ぼく自身、実は第一志望の面接に落ちた翌日で、ちょうど将来に大きな不安を感じていたところでした。けれど「不安だと自分を出せない」とか「いろんな人に話をして抱え込まない」といったお話にとても納得して、取材後は少しずつ人に不安を話すようにしています。人に頼られる人になる、視野を広げる。そのために自分の引き出しを増やし、より多くの人とより良い関係性を築いていくという姿勢は、自分も真似していきたいと思いました!


Back number